丸戸史明 『冴えない彼女の育てかた 9』 読了

 主人公が本気を出すとみんな頭を抱えたくなる結果に落ち着くのはどうしてですかね……。

 今回は読むのがいろいんな意味で苦しい物語だった。いや、なんていうか痛い。超痛い。すごく読ませる力を感じるけど、誰にあてたか分かる明確なラブレターの端々を読ませられるとすごくつらい。詩歌先輩といい、どうして君らはそういうことをするの!
 ネタとして美味しいとは思うけどお前らもうちょっと二次元と三次元の区別をつけろよ! とか思わずにはいられない。しかし、冷静に考えると始まりからして加藤を胸がきゅんきゅんするメインヒロインにする話だもんな……いまさら過ぎるか。

 今回の見所は主人公がエリリをどう思っているのか。それが分かることですね。7巻のおかげで俺は詩羽先輩を拗らせましたが、今巻ではエリリを拗らせる人が出てきそうですね。完結したらそろそろ丸戸史明被害者の会を結成しても許されるんじゃないかな。そういうファンサイトを作ってもいいんじゃないかな。

 すごく面白かったです。自覚がありつつも目をそらしているハーレムラノベの主人公って、やっぱり人としてどうかと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー