最近オススメだった本とか

 市立高校シリーズ。または葉山くんシリーズ等とも呼ばれているらしい。シリーズ物のミステリ小説だと小市民シリーズ以来の大ヒット。Twitterのフォロワーに教わった他のミステリも面白かったけど、二巻以降を積んでいるか単発なのでシリーズ物だとやはり小市民以来。こんなに面白いミステリを積んでいたなんて……。
 
 このシリーズは昨今で言うキャラ文芸と呼ばれるであろうミステリ。謎にそのものに興味をかきたてられる手腕は見事。キャラクターに魅力があるのでこいつらが困っていると、どうにかしようという気持ちが沸いてくるよね。まあ、シリーズの大雑把な流れとしては主人公の葉山くんの周りで変な事件が起きて、周囲の人間が困るもしくは困惑する。それを解決しようと葉山くんとその友人が調査して探偵が解決するというパターンです。

 葉山くんの周囲のキャラクターが魅力的で、みんな頭の回転が速く行動力があって読んでいて気持ちが良い。
 例えばある話ではストーカーに狙われる後輩の女の子が登場する。偶然関わることになった葉山くんはストーカーを捕まえるためにヒロインの柳瀬さんとその部下である演劇部のみんなと共同でストーカー捕獲作戦を開始する。ストーカーを捕まえるための情報戦がテンポ良く始まり、各自意見を出して進む。ストーカーされている女の子を一緒に駅まで送るという一番危険なポジションである葉山くんに戦闘能力がまったくないこともあり、難航すると危機感が募っていく。
 俺自身は魅力的な謎というものが理解できない人間のため、謎に興味をもたせる工夫がされているのは非常に嬉しい。しかもこのシリーズは連作短編形式のため、ほとんどの謎が短編で解決されるので大長編ミステリで疲れた心を癒してくれる。連作短編として積み重なった伏線が最後に回収されるのも気持ち良い。
 今一番推しているシリーズ。創元推理文庫は宝の山ですね。

 余談だが、今現在は新表紙になっているので問題ないのだが、旧表紙では登場人物にメガネ描写が一切存在しないので旧表紙に出てくるメガネっ娘は誰だと話題になっていたもよう。Wikipediaにも書いてあるけど、当時の様子は今もググれば出てきます。でも、みんなAmazonリンク貼ってるから新表紙画像(メガネっ娘はいない)を表示させたままメガネっ娘は誰だと考察していて笑えます。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー