月刊オススメの本2016年6月号

とある魔術の禁書目録(4)
 十年ぶりぐらいの再読。いまさらだしネタバレには気を使わないぞ! 上条さんって完全敗北したことあったんだなあと感心した。やっぱり主人公の敗北シーンは好き。

ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち
 読み物として楽しいんだけど、それ以上に読んでるとTRPGを遊びたくなってくる。権力の有効活用やらでGMの想定を超えていくぞんざい勇者団。プレイヤーが楽しんでるのが伝わってくるのですごく良い。TRPGやりたい。


月花の歌姫と魔技の王
 ダブルヒロインなのにタイトルに一人だけしかヒロインが入っていない! それはともかく、HJ文庫で久々のあたり! レーベルカラーが合わないとか思っててごめん。水没したのを買いなおしてよかった。今度まとめ買いして読みたい。

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない
 アニメ化してとらドラ・ポータブルクオリティでゲーム化しないかなと思うくらい良かった。わかりにくいかもしれないけど、ギャルゲーマーである俺の最高の褒め言葉です。メインヒロインひとすじでふらふらしないのが良い所でもあるんだけど、各巻のヒロインと主人公のやり取りもとても良くてカップリングとして美味しい。美味しすぎる。
 青春ラブコメだと思ってたら想定外の重い話になってきたけど、果たしてみんなが幸せになるハッピーエンドにたどり着けるのか。続きが気になります。

魔弾の王と戦姫6~11
 弟2部完! 続々と戦姫をたらしこんでいくティグルくんは良い主人公ですね。ラッキースケベを除けば気持ちのよい青年で好感を抱ける。一人で全部何とかしようとしないのも良い。個人的にこのシリーズは戦記物として戦闘能力で超人はいても、将としての超人は存在せず、戦術の欠点を協議して補っていくところが良いなと思います。他国の問題に関わりすぎだろ!って思ったらまさかの第三部への布石だったとは……今後の展開が気になりますね。

スピリットサークル 6巻
 最終回のラストを見た瞬間、これ最終巻じゃなかったっけと二度見して意味に気付いて感動した。連作短編みたいな漫画で、こういうのを俺はもっと読みたいと思う。

人という怪物
 男性の思考が垂れ流されて他人に聞こえてしまうという惑星でのボーイ・ミーツ・ガール。戦争を引き起こそうとする悪からの逃亡を書いた一部。独裁者との戦いを内部・外部から書いた二部。第三部は異星人(原住民)スパクルとの戦争。
 戦争を止めようとする者、戦争に勝って守ろうとする者、戦争で復讐を成し遂げたい者。視点人物が一人増えて全部の立場と思考に共感できるので、苦しさが倍増しで非常に良かった。お腹いっぱい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー