月刊オススメの本2016年1-5月号まとめ

 期間が空きすぎたのでまとめます。忙しかった。

蝉の女王
 とりあえずスターリングは全部買うなりして集めよう。サイバーパンクって良いよねえ。

赤い街道の盗賊―グイン・サーガ(24)
 イシュトヴァーンが順調に悪堕ちしている。でも、まだ人の心が残っているので苦しいね! すごく良い!! このまま暗黒への道を進んで欲しい……悪堕ち最高!!

冴えない彼女の育てかた (10)
 創作のためなら良い雰囲気で女の子と話していても、容赦なくぶった切って他の女のところに行く……2巻でもやっていたが、最低だぞ倫理くん! しかし、新幹線という限られた時間で共通イベント全女の子分の取材をしろって指示を出すディレクターも最低だ。
 実はこいつらが作っているゲームが安芸倫也の攻略方法であるのではという点については、同意すると共に大爆笑した。倫理くんは全員分のラブレターを作成するのか。
 ネタが分からなくても問題ないけど、気になって買いたくなるVita版のステマには悔しい。でも、買いたくなっちゃう。

アイドルマスター ミリオンライブ! 4 オリジナルCD付き特別版
 静香と志保。負けず嫌いと負けず嫌い。友人ではなくライバルという距離感がいいですね。この二人が友人になる瞬間が待ち遠しいけど、永遠のライバルというのもありだな。ライブシーンの躍動感とかすごいなあ。
 順調に次のステージへと進んでいく他の皆を前に、置いてけぼりな気持ちを味わったところで初めて自分は既にアイドルだと自覚する未来とか結構いいですね。

スコーレNo.4
 かつて、書店員さんたちの手でTwitterを使ってベストセラー小説を生み出そうという企画があった。そのベストセラー小説にしようとしていた本がこれ。実際にベストセラーになったかは知らないのだが、多数の書店員さんが推すだけあって大変に面白い本であった。
 何度も読み返したいとか熱中して寝食忘れて没頭したとかそういう本ではないけれど、読み終えてからもっと長く読んでいたかったと思う。作者の名前は覚えておきたい。


昨日まで不思議の校舎
いわゆる天使の文化祭
まもなく電車が出現します
さよならの次にくる<新学期編>
さよならの次にくる <卒業式編>
理由(わけ)あって冬に出る

 市立高校シリーズ。なんかもう既に書いてしまったので特に書くことは……あるか。葉山くんの恋愛模様とか最高に面白いよね! 柳瀬さんは一巻でこそ健気な印象を持てますが、二巻以降はパワフルにアピールしていきますね。
周囲も葉山くんが愛されていると理解していて、話が進むと風評が柳瀬さんのお気に入りから愛妾にクラスチェンジしているのとか最高すぎる。

レオ・アッティール伝 (4) 首なし公の肖像
 2巻以降に主人公がやりたい放題しすぎているので、政敵がすごい勢いで増えていく。そりゃあこんなことばかりしてたら後世に悪名が残りますよね! 異星を舞台にした架空の歴史小説を存分に楽しもう。面白かったんだけど、間が空きすぎて重要なネタバレしか書けないので読み直します……。

残穢
 一人暮らしの家で読むのも嫌だったし、だからといって外で読んで一人しかいない家に夜中に帰るのも嫌だ。読んでいて、そんな悩みを抱きました。
 この気持ちを一人でも多くの人に味わっていただきたいので、一人暮らしの人に送りつけるテロをしたいですね。
 読み手の日常に恐怖で侵食し日常生活に悪影響を与えるのはホラー小説として最高だと思います。

アヌビスの門
 時間旅行者が帰還できなくなると、お金も、コネも、なに一つ持っていないので、まずは浮浪者からスタートしなくてはならないという厳しい現実。これがライトノベルだったら身分の高い人間なりに拾われたりして、未来を知っているというアドバンテージを活かせるのだが、ティム・パワーズは全然優しくないので、そんな都合がいいことは起きず、主人公は乞食として成長していく……。その後に魔術師との戦いとか見所は他にもいろいろとあるんだけど、やはり一番は面白かったのはここかな。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー