アルティメット・ノベル・ゲーム・ギャラクティカ 読了

 同人ゲームイアー? というものを知りとりあえずプレイ。フリーゲームは既読管理とかつけられんから、ブログにでも書いておかないと何かしたんだーという気分にならなくて落ち着かない。困ったものです。

 7日間ひたすら宴会をするだけという大学生らしいアホな企画を実行中にノベルゲームを作ろう! という提案が出て、主人公はどんなノベルゲームを作るのか3つの選択肢から選んで、それぞれ世界は分岐する。意外なことにこれ並行世界がテーマのひとつでした。

 まず、良かったところとして、ぐだぐだとした宴会が大変良かった。そうそう、こういうもんだよね。アニメ視聴で見てたり見なかったりしながらだらだら酒飲んでぐっだぐだの会話をしていく。あー懐かしくなってきた。
 それともう一つ良かったところとして、どの選択を選んでも一人の女の子とくっつくこと。選択肢で物語が変わるのがビジュアルノベルの魅力としても、その中で一番変化しやすい恋人。それがたった一つ変化しないというのは運命の相手みたいでなかなかロマンチックな話ではないか。
 あと途中で並行世界と交わったときは本当に良かった。正直、そこが一番楽しかったし、それ以上は特に良くならなかったのは残念。たぶん、ラストの即売会は同人誌即売会とかに何かしら思い入れがあったら感動すると思うんだけど、俺には思い入れというものがなかった……。

 悪かったところといえば、完全に俺のプレイミスだけど、章ごとにDLという連載形式っぽいのに第一章全部やらずに第二章までクリアしてしまったところですね。これ3つの選択肢で変わった物語を全部読んでからやるように出来てた。そのため、二週目以降が非常にだるかった。
 まあ、基本的な流れは変わらない部分が多いので、だるい人はだるいと思います。些細な変化により終盤大きく変わるのを見て楽しめる人はたぶん楽しい。これは向き不向きの問題かなあ。短いとはいえただガンプラ作りながらだらだらしてるのを三回も見て楽しい人はあんまいない。
 あとシステムが章ごとに変化するのは悪い。使い勝手がよくなったーとか良い面があれば褒めるんだけど、特に褒められるところがねえ。面倒なだけだった。解像度と画面サイズが変わっても別にビジュアルにそこまで力入れてないしなーというのが正直なところ。

 まあ、総じて面白かったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー