汀こるもの 『レベル96少女 不穏な夏休み』 読了

 汀こるもの先生の最新作! 流行ネタ用語をふんだんに使用していますが、作者は常に出版前にこの言葉消えたりしないかなと不安だそうです。この物語を楽しめるのはリアルタイムに俺ら生きている俺らだけ! と思うとなんとなく今を生きていることに優越感を抱けたりしませんかね。しないですよね。

 今回は善意の人助けによる被害が目立ちましたね。実はデビュー作の頃からそうなんですが、こるものワールドでは善意の人助けが原因でひどい目に遭うキャラが多いです。交番勤務の警察官が老人に親切にしたら死神の付き人になって、孤島サバイバルしているTHANATOSシリーズ(ステマです。買ってください)。Fateのエミヤくんみたいに人助けが趣味ですみたいな奴がいたらたぶん死ぬ。

 話が逸れましたが、れべきゅーシリーズはメインが中学1年生(女子)なので、人助けで大ダメージを負うのは流石に可哀想ですね。困っている男の子に声をかけたら実は相手が妖怪で無理心中させられそうになる芹ちゃんとか可哀想にも程がある。
 いつもいつも友人のいっちゃんに助けられては申し訳ないし、迂闊な事をした(困っている人に声をかけただけです)のが原因なので怒られるのが嫌という理由で溝越さんと解決を目指すというものです。前巻で宝具があることが判明した雀のほうが頼りになるのに、雀さんを尊重して溝越さんを相方にする芹ちゃんは優しい子です。溝越さんがたいして役に立たないのは分かりきっていたことなのでネタバレしますが、この話は芹ちゃんの友情パワーが炸裂します。ちょっと感動しました。いっちゃんはもっと芹ちゃんを大切にしたほうがいい。

 もう一つはいっちゃんの毒祖父が現れて霊感商法による人助けに借り出されるという話なんですが、うんまあ、これまでろくでもない親であったことは自明だったんですが、毒祖父。本当に毒ですね。もともといっちゃんは霊能力で怪物退治とかを生業にしてノブレス・オブリージュみたいな感性を持っているので人助けしたい。さすがに他の霊能力者の仕事を奪うような真似はしたくないので、仕事を選びますが、お爺ちゃんの手伝いという言い訳を得て借り出します。
 霊能力でろくなことがなかったいっちゃんの父・大雅は当然嫌がります。というか、娘を霊感とかそういうのと関係ない真人間に適応させようとしていたところに霊能力関係者が嫌になった最大の原因である自分の親父が出てきたんだから、まあ、キレるよね。さすがに家出するのはどうなのかなあと思ったけど、いっちゃんの性格を把握して気軽にこれるところにプチ家出していっちゃんに祖父が嫌になったらいつでも遊びに来てね! とちゃんと連絡先も教えてるし、身の回りの世話する人間と妖怪が祖父含めてあれだけいたら育児放棄とは言い切れない! なんか最後は良い話風ではなく本当に良い話で締めたけど、ちょっともやもやする。
 いっちゃんが意外と日常生活に適応していたこととか、毒祖父に搾取されている現状の悲惨さとか芹ちゃんの友情とか見所は多いんだけど、祖父が無事旅立ってしまったことがもやもやする! HENTAIを容赦なく物理で殴る雀ですら何もしないなんて! まあ、さっさと銃で解決しようとしたのを釘を刺されたのかもしれない。
 ぼっちでも良いからご飯はちゃんと食べよう!

 感想というかただの紹介文になってしまった。まあいっか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー