羊太郎 『ロクでなし魔術講師と禁忌教典シリーズ(6巻まで)』  読了

 間違えてコミックを買ってしまった時は大変辛かったですが、書い直してもちゃんと元は取れたと思うくらいは面白くて良かった。大当たり。王道は面白いんだというのを地で行く作品。だいたい予想がつくのに面白い。

主人公グレンについて
 主人公グレンはロクでなし扱いされていますが、どちらかというとガキっぽいという表現が正しいと思う。なんかこいつの働きたくないーって学生時代の学校生きたくねーゲームやってたいとか宿題やりたくねーというのを思い出す。毎月ソシャゲガチャを数万引いて、生活費に響かせるタイプっすね。好きな女の子に素直になれないツンデレっぷりを発揮する(5巻回想)とかお前は子供かと言いたい。いろいろあって送り迎えなどあからさまにルミアを贔屓しているが、ルミアには人徳があるため女子生徒に粉かけるクソ野郎として評価されている魔術講師。

ヒロインについて
 講師としてやる気を出す過程とか、戦闘が始まる原因とかルミアちゃんがヒロイン力高い。僕は清楚系ヒロインが好きなのでルミア派です。出番も活躍も控えめなんですけど、安定したメインヒロイン力を持っていていい。こういう控えめな子がもっとメインヒロインになるべきなんですよ!と熱く主張したい。後衛・回復支援系。

 出番で言えば圧倒的に多いにも関わらずかませ感溢れるツンデレの白猫。名前が覚えられない。一巻ではバトルヒロインを担当したくせに後からやってきたヒロインにバトルヒロインの座を奪われるというかませ力溢れるヒロイン。登場回数や主人公との接点やら人命救助のためにちゅーしたりとか、フラグを立てているようで、主人公のグレン側には立っている気配がない。一巻の表紙担当のヒロインにしてこのかませっぽさは逆にすごい。そのまま、かませで終わってくれ。5巻にてバトルヒロインの座に返り咲いたので今後の活躍が期待される。中衛・魔法攻撃型。

 2巻で登場のリィエルはかつての同僚として味方に、そして3巻でバトルヒロインへの昇格という順調に白猫の立場を奪っていく快挙。3,4巻ではメインヒロインを張ったが、上下巻構成なのに地味にアルベルトが活躍してしかもツンデレっぷりを発揮するせいか、メインヒロインというには少々弱い。学校での扱いはマスコット。マスコット過ぎてヒロインとして弱い。錬金術で超高速で武器を練成して物理で殴る前衛・攻撃型。

学園物として
 魔術講師としてその魔法がどういう風に出来ているのか説明したりする。そうでなければ固有魔法を作成できないので当然なんだけど、講師シーンはその世界について読者が一緒に学べるので楽しくないと辛いし、ちゃんと物語に繋がるという点でいいですね。
 グレンは生徒のことをちゃんと見てるので、誰がどんな魔法系統が得意でどのように使えばいいのか的確なアドバイスができる。学園パートは概ね調子に乗ったグレンが勝負吹っかけたり吹っかけられたりして授業なり学園祭なりでバトルだ! と生徒達が巻き込まれるという傍迷惑な内容になってます。クラスメイトは一芸特化が多いのとグレンは短期的な訓練が無駄に上手いので、優等生達と戦っても勝負になるという王道。分かりやすい面白さがある。

 何度でも言うが学校の制服がハレンチすぎる。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー