清野 静 『さよなら、サイキック 1.恋と重力のロンド』 読了

 超能力(重力系)を持った主人公が超能力(発火系)を持ったヒロインと出会うことで始まるボーイ・ミーツ・ガールだったら良かった。しかし、この主人公のログくんは最初から14歳の魔女っ娘の彼女持ちという贅沢な男子。というわけで三角関係ものです。本格的に三角関係が始まるのは2巻からみたいですが。

 ヒロインの一人。魔女っ娘のロンドちゃんはかつては死ぬかもしれない病気を背負っていた主人公の恋人です。しかし、病気も最近治りはじめて今はリハビリしながら、これからいろいろと頑張ろう! というところ主人公は彼女といちゃいちゃしながら、正体不明の魔女の業みたいなのと対峙します。メインはいちゃいちゃ。

 もう一人、表紙を飾る発火能力者のヒロインの軍乃ちゃんは目的のためなら多少の羞恥心をいとわず、主人公を操り、探りを入れてきたりしながら学校内や放課後に主人公といちゃいちゃしています。主人公の性欲を巧みに操り、誘導していく姿は見事です。彼女いるのにこの子といちゃいちゃするのはどうなんだ。

 主人公は超能力をぽんぽんと使って人助けをしたり、ロンドちゃんとデートしたり、ロンドちゃんの思いつきで作ったサークルに軍乃ちゃんを勧誘するために口説いたりしています。
 うん、もしかしたら男の子でも、誰にでもこういうことを言うのかもしれないけど、軍乃ちゃんに対する言動とかそれ彼女持ちが他の女の子に言っていい台詞なのかと考えさせられますね。女の子のために身体をはれるのはすごいしラノベ主人公らしいんだけど、お前彼女持ちだろ!! と思う。良い子なんだけど、彼氏としてどうなんだ。

 邪悪な大人になってしまったので、この三角関係を性欲を封じられた女の子(詳細は読んで)VS性欲で操作できる女の子という対立を感じてちょっと前者が厳しすぎる戦いなんんじゃないかと思う。うん、まあ、性欲で動かされる主人公が全部悪いことにしよう。

 基本はボーイ・ミーツ・ガール・ガールなのでいいですね。こういうの好きです。
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー