月刊オススメの本2017年1月号まとめ

ゲーマーズ! 雨野景太と青春コンティニュー
 混沌としていくラブコメ時空を乗り越えて果たして上原くんは無事、恋人とゴールインできるのか? ゲームやってれば幸せな主人公は正直、心の底からどうでもいいです。ラブコメを眺めて楽しもうとして巻き込まれていく上原くんは無事に幸せになってほしい。なんとなく付き合っていた女の子にマジになって晴れて両思いになったのに混沌とするとか良い。ていうか、上原くんはもう主人公の一人と言っていいのではないか?

銀煌の騎士勲章1
 著者の初期の代表作ライタークロイスのリライト作。サービスシーンの追加、一部セリフが変わっていたり、登場人物の過去の加筆とか富士見ファンタジア文庫版と意外とかなり変更されている。読み比べていたわけではないので、一部気になったところしか確認していないが。非常に良かったので、一迅社版は全部読み終えたい。

北欧神話 (岩波少年文庫)
 北欧神話について、英雄ではなく神々についての物語。読み物となっているため、エピソード記憶として脳内に定着しやすい。北欧神話についての本は多数持っているのに読めていないので、この機会に読みたい。

オーリエラントの魔道師たち
 タイトル通りで魔道師たちの短編集である。オーリエラント世界の魔道師は同じ魔道師でも、系統が違うと考え方もまったく違う。乾石智子はどれから入ってもいいと言っていいので、ここから入るのもありだ。SFマガジンで掲載された短編のときからも短編でも良いもの書くなーと思ってたんだけど、やはり良い。

比類なきジーヴス
 ユーモア小説というらしい。コメディではなく?と思ったが、「ユーモア=上品なしゃれ」というらしい。様々な女性に次々と恋愛へ落ちていく友人の頼みを聞いて、状況が悪化したりしていく。もくじであっさりネタバレされますが友人が無事結婚するまでがメインとなります。次から次へと恋へ落ちていく友人に翻弄されるバーティー。なんか読んでいてMr. ビーンを思い出しました。あれとはだいぶ違うんだけど。

さよなら、サイキック 1.恋と重力のロンド
 読んでから一ヶ月も経つと、女の子といちゃいちゃしているところしか実は記憶に残っていないのだが自分の感想を読み直しても女の子といちゃいちゃしていたところばかり見ていたんだなと。まだ2巻は読んでないが全2巻らしいので、2巻もなるべく早く読みたい。

最後にして最初のアイドル
 元々はラブライブの二次創作から生まれたという異色作。ラブライブをまったく見ていないので、もしかしたらラブライブ世界ではアイドルが自己進化を繰り返して宇宙進出までいくのかもしれないのだが、たぶん違うだろう。ファンの下に会いに行くアイドルやファンを作り出すアイドルとか進化していくのが大変面白かった。作者も言うように大きいことはいいことだとスケールが広がっていくので、ゲラゲラ笑いながら読んだ。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー