お蔵入りになったブログのネタとか

 お蔵入りになったブログのネタとかを寝かせておいても時間の無駄だなと思ったので放出する。
 
 続きが結構出ているけど一巻で綺麗に終わっているラノベをオススメしてみる。
 
 思い浮かぶのが新人賞受賞作ばかりだったんだけど、新人賞受賞作だから一冊で完結していて当然じゃん!って思うラノベ読みは多いと思う。
 でも、この記事は新人賞受賞作だから一冊である程度完結しているだろうとかいう感度が高い人間を相手にした記事じゃないです。
 ラノベの新人賞受賞作って続きのための伏線とか多かったり、長いシリーズ物になったりするので、いざ手を出してみたいと思っても長い巻数があると引くと思うので、別に続きなんか読まなくていいんですよというスタンスでオススメしていきたいです。続きを読むのは本人の自由です。
 
エスケヱプ・スピヰド
 エスケヱプ・スピヰドは全一巻派です。電撃大賞の大賞受賞作!というだけあってすごく面白かったですね。バトル描写も良いし、サイボーグとなって心を封じて戦っていた少年が自らの意思で戦う覚悟を決めて、戦うのが熱い! すごく綺麗に全一巻で終わっているのでオススメする気はおきないんですが、世間的には続きも好評のようです。

ソードアート・オンライン
 SAOは全一巻ラノベです。番外編だった2巻はともかく、3巻とかゲーム違うじゃん。4巻まで読んだけど、正直1巻で綺麗に終わっているのになぜ続けたのか謎。ぼくは一巻が好きでしたね。
 あの綺麗な終わり方からどうしてアスナちゃんだけ復活できなかった……となるんだろう。
 一冊しか読まなければキリトさんはハーレムラノベの主人公でもなくなるし! アスナちゃん一筋。デスゲームの主人公!
 
イヴは夜明けに微笑んで
 全一巻です。カインツとイブマリーの約束が果たされるところがものすごく好きなんですが、その二人の話としては本当にほぼこれで十分終わっているので、十年以上続きを読んでませんでした。最近、一から全部続読みました。面白かったけど、細音啓最高傑作はこの一冊かなと思います。気になったら続きを読めばいいと思います。
 
世界平和は一家団欒のあとに
 気になったら続きを読めばいいラノベといえばこれは外せないかなと思いました。一巻で一つのエピソードが綺麗に終わるので、続きを読むとしても割とどこで読むのやめても支障がないのは今回のテーマにぴったりです。
 
 正直、これを読んで作品数少なすぎるだろう!って意見はあると思うんだ。でも、一冊完結でもない長期シリーズ(五冊以上)で第一巻で綺麗に完結してるラノベで俺が読んでいてオススメになるものってほとんどなかった。俺の手には負えなかったです。だから没にした。誰か俺の代わりに書いてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー