表紙とかのデザインも本に重要だよね

 ふと、俺は小説を読む際にそれほどイラストに拘らないのだが、イラストも構成要素の一つである。その点についても言及した方がいいのではと気付いた。イラストレーターなどデザインを考える人も、もっと褒められていい。特にこのブログではライトノベルをよく取り扱っており、ライトノベルにおいてイラストは超重要である。フルメタルパニックの最終巻のイラストによって泣いたのは今でも覚えているし、最近で言えば冴えない彼女の育てかた7巻で悲鳴を上げたし、作中のイラスト以外では、魔女は月出ずる魔女は月出づるところに眠るを最後まで読んだ後に口絵を読み返して口絵の意味に気付いたときはただでさえ感動で涙腺が緩んでいたところを更に押された気分であった。ライトノベルから離れても、例えばムーミンのキャラクターデザインの愛らしさと挿絵の素晴らしさは俺が今さら語る必要もないが語らないのも不自然だろう。
 
 さっきから、ライトノベルのイラストばかり語ってきたが、本というデザインそのものが素晴らしかったの本もある。特に挿絵というイラストだけではなく、小説の文章だけでなく表紙どころか本の余白なども含めた本を構成するすべてが素晴らしかったのはパトリック・ネスの『怪物はささやく』だ。ハードカバーの本はできれば増やしたくないのだが、あれは正直ハードカバーしか考えられないと思う。と書いたのだが今検索してみると、なんと来月には文庫化もするらしい。映画化の影響だろうか(これも今知った)。うーん、文庫でどんなデザインになるのか不安と楽しみがある。
 
 もちろん、素晴らしいと思う仕事以外にも最後まで読んで違和感を覚えるイラストもある。文章で喚起されるイメージと合っていないと思える本は多々ある。例えば汀こるもの『完全犯罪研究部』は文章では主人公は大人の美人教師なのだが、表紙を見てみると科学部部長ぐらいの幼さのあるイラストだ。これは2巻が出る際に講談社のwebサイトでもネタにされていた。ちなみに2巻では大人っぽさのあるキャラデザになっている。それはそうと完全犯罪研究部はめっちゃ面白いので2巻まで一気に是非読んで欲しい。
 表紙が素晴らしいといえば、『飛べない蝶と空の鯱』が大変良かった。鵜飼沙樹さんの仕事はどれも素晴らしいものだ。引越しの際に紙の本で読了済みで電子化もされていて手放す条件が揃っていたのに、このイラストはKindleで再現されない!!と手放せなかった。というか、今作品リストを見ていて思ったのだが自分にしては珍しくいわゆる絵師買いをしているイラストレーターである。鵜飼沙樹だからと意識して買っていることが多いわけではないのだが、鵜飼沙樹と気付かなくても読んでいた本がある。どうやら表紙には手に取らせる魅了の魔術でもかかっているのだろう。飛べない蝶と空の鯱がめちゃくちゃ面白く今でも続きを待っているし、うつの辛い時期を助けてくれた最高の作品だったことも影響しているのかもしれない。画集とかでないかな。
 
 イラストが素晴らしいということは多く感じるというか、もはや商業の表紙やパッケージで一見してクオリティが低いと感じるイラストを見かけることが少なくなった。あらゆる点においてクオリティが上昇したのだろう。そんな時だからこそ、改めて意識して商業の表紙とかの良さを味わってみるのもいいんじゃないかと新潮文庫nex創刊インタビューを読んで感じたのだった。
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー