月刊オススメの本2017年4月号まとめ

HUNTER×HUNTER 1-33
 久しぶりにじっくり読んだけど、めちゃくちゃ面白い。いや、しかし、パワーインフレを起こしているにも関わらず、ついていけていない連中の使い方がとても上手い。殺すには力で上回る必要があるけど、戦闘力全然でも旅団との戦いでレオリオの活動とかいいよね。ルールの穴を使うぜ!という連中を製作者の意図通りに正々堂々楽しんでクリアするグリードアイランドもめっちゃ楽しい。キメラアント編のインフレについていけないまま、それぞれ目的を果たすために共闘していくのも良い。
 土日が消えてしまった。

ローマ人の物語― ローマは一日にして成らず
 FGOのため読書。偏りとか自己主張とか強いけど、大雑把にローマ入門書としては優れているということで、再読。著者の熱いローマ愛で語られる本書はだんだん洗脳されてきそうになる。ローマ!

微熱空間
 蒼樹うめ先生の漫画は初体験。あー美味しいですね。弟ができると聞いてうれしかったのに、同い年ということで気まずかったりする。感情表現がストレートで不満だったとかぶつけてくるし、隣同士なので声が聞こえたりするということで、姉萌えをしろと言わんばかりである。
 姉萌えの概念は獲得できなかったですが、それはそれとして美味しい。

夜毎の指先/真昼の果て
 それぞれ同性愛+異性愛モノと実姉弟モノ。どっちもそれぞれ一冊……いや、二冊分になるぐらい続いて欲しいと思うくらい良かった。
 夜毎の指先は実姉との恋愛物。倫理的にアウトで苦しみつつも、ずるずると続いてしまってなかなか良かったのだが、いっそのこと倫理観など踏み倒して欲しかったところ。
 真昼の果ては幼馴染の男と女のどちらからも告白されて、男から告白されてどうすればいいのかパニくってしまい悩む三角関係物である。仙石寛子作品は周囲の常識やら自分の中の常識という概念に縛られてしまいそこがネックで悩んだり踏み出せないなどが多く、面白い。常識というのは自分の中にもあるので常識に縛られない自身の本当の感情というものに、僕達は気付くことが難しいと感じさせてくれる。

花はニセモノ
 同性愛者で付き合っている相手がTSで女性になってしまうという驚きの内容。当たり前だけど、当人たちは驚きすぎて混乱する。自身が同性愛者であるという自覚があるからこそ、性別が変化してしまった恋人に対して自分の気持ちに自信が持てなくなったりして、どうしよう。と悩んでいく姿が良い。

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ 5
 プロトアーサー実装おめでとう!! ついでに愛歌ちゃんもビースト枠かアルターエゴ枠で実装されませんかね。欲しい。
 ついに聖杯戦争終結。過去編ではめちゃめちゃ評価と信頼されているアグラヴェインとか、アーサー王伝説の架空のローマ皇帝ルキウス・ティベリウスとかも早くFGOに登場しないかなー。
 断片的に語られるアーサーの過去とか、聖杯戦争の英雄を通じて想いが繋がっていったりとか魅力が満点です。

紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている: 再生・日本製紙石巻工場
 単行本が出た当時は募金はできても、震災と真面目に向き合う心の準備ができていなかったので文庫になって今ようやく向き合えた。これから学んでいきたい。

英国マザーグース物語―裏切りの貴公子
 しょ、衝撃のラスト。すごく良いところで終わった。次回最終巻じゃないのって思う強烈な引きだ。流石に幸福にはなると思うけど、セシルには幸福になってほしい。続きを読まねば。


All Out!! 1-9
 もはや最近のスポコン界では気合と根性と培った努力。正しく努力しなければどうにもならねえ。かの有名な漫画アイシールド21ではどんだけ頑張っても今まで運動してこなかった人間には最後までスタミナのあるは身体が作れないと描きましたが、本作は厳しすぎる身体が拒絶反応を起こしてダウンしてしまう。気持ちはあっても身体がついていかない。全国で優勝するためにはついてこれない人間は切り捨てる必要がある。想いを背負って戦っていく。大変良いスポーツ物だ。
 
響 ~小説家になる方法~
 主人公が何しでかすかわかんねえから何が起こるのか気になってくる。本作での小説家になる方法とは圧倒的な才能であり、才能であった。身も蓋もねえな。
 現実において小説(に限らないが)の応募で募集要項を守らない人間というのはものすごく沢山いるのだが、住所を書いてなくて探してもらえるのは天才ぐらいなので気をつけたいですね。

風の海迷宮の岸
 前回は王の視点だったが、今回は麒麟の視点。十二国記における麒麟がどういう生き物なのか、王がどのようにして選ばれるのかとかそういうことが語られました。いや、素晴らしい。前回は騙されながらも生き延び続けようとあがく冒険だったので、現実は非常とばかりの行ってみたくない異世界だったんだけど、今回は異界感がたっぷりで行ってみたいと思わせてくれる。帰る手段がほぼないのが問題だが。
 一気読みしたいけど自制心をもって少しずつ読んでる。

竹刀短し恋せよ乙女
 武装少女よりもやっぱりこっちのが良いなあと思いました。やっぱり経済的な忍者が空中を歩きながら戦うこっちのインパクトはすごい。刃を天井に突き刺して天井を歩くとかそんなことできるわけないんだけど、なんか説明を聞いているとだんだん世の中にはできる人間がいるんじゃないかという気がしてくるので大変良い。
 現代でまきびしを使ったら戦闘後にかなり大事になる。しかし、足捌きが脅威なので封じたいという時に屋内でビー玉で

烏丸ルヴォワール
 これ、本当に円居先生が書いているのかと疑問に思うぐらいエモいんですけど、丸太町は最高のロマンス小説で良かったけど、こちらはこちらで大変良い。必殺技を使うのではなく、次々に出される小技の類で相手を翻弄していくのとか良い!
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー