読書日記0804?

 7月中基本的に体調が最悪より上になってなかったんですが、最近は体調がよく寝坊をしたものの、睡眠がちゃんと摂れていて大変に気分がいい。どころか、躁状態(おれうつ病なんだけど躁ってなるんだね)になって、先週の金曜日にはいえーい!って十二国記を読んでテンション爆上がりして、終わってから金曜日には本屋に突入して、土曜日用にめっちゃ無理な計画を立てたり(通院と寝坊で破綻した)、日曜日は地元・名古屋の両図書館に行って、ジュンク堂に立ち寄り買い物をして、割と処理できる量ではない本を借りてきました。なお、ぼくが一番読みたい本はファンタジー小説で、乾石智子の『沈黙の書』をまず読んで(この文を公開しているときには読んだであろう)あとこの自分の中でのファンタジーブーム中にいい加減に読まなきゃと思う『翼の帰る処』を読んで、読みたいと思った本をガンガン読んでいきたいですね。
 ところで、ぼくの月刊オススメとか今みたいに日記に読書感想をつけるのとかってたいていの場合、他人がやってるのを見て、感銘を受けてパクってるわけなんですが、みんな早々に諦めててびっくりします。俺みたいに何食わぬ顔をして再開するとかしてほしい。
 
 本日の一冊は「五月の鷹」です。これは円卓の騎士の一人ガウェイン卿のラグネルとの結婚の逸話を著者のアン・ローレンスが自己流でめっちゃ手を入れて短編ぐらいの逸話を全力で書き直しています。
 おお、今まで読んだことないって思ったのは、ガウェインとその親族の結束が書かれるというところですね。俺が知らないだけで、結構あるかもしれませんが、ガレス、ガヘリスはともかく、アグラヴェインが親族の誇りを大事にして、兄である家族を守ろうとするあたりが珍しい。ガレスは冒険譚を持ってるし、ガヘリスは冒険譚こそないけど、従者としてガウェインのエピソードでよく出てくるし、この二人の死がランスロットとの決定的な軋轢になったんだけど、アグラヴェインは冒険譚も持っていないし、ガウェインと関わりが親族である割に薄い。アグラヴェインがわかりにくいだけで親族を大切に思っているというのはなかなか見ない。ここまで語っておいてなんですが、本書でのアグラヴェインは普通に脇役ですし、性格も良いとは言えないです。
 本書はめっちゃ原典を改造していますが、円卓の騎士に対する深い愛情。さらりとこちらを試すように出してくる円卓の騎士ネタとかいろいろと良かったです。
 ところで、ガウェインのことを何も語っていませんが、ガウェインがとてつもなく誠実で善良な騎士として融通がきかないところを除けば、非の打ち所がなくてすげえなあと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー