イタノ・カルヴィーノ 『不在の騎士』 読了

 本屋巡りの旅をしてみようかと思い立ち、とりあえず栄のジュンク堂に入ってみて見つけた本。これはタイトルと表紙からしてこれは絶対面白いぞ!!と勢いで購入した。良い買い物だった。
 
 タイトルにある不在の騎士とはアジルールフォのことである。この騎士アジルールフォは甲冑の中身がなく、肉体の力に寄らず、ただ意思の力のみで動く不在の騎士なのである。性格は結構神経質で細かいことにうるさく、任された仕事はきっちりこなしてくれる。本書は全体的に大らかで適当でこっけいな登場人物が多い中で、一人神経質に何もかもを覚えており、いちいち口出しをするのだから他の騎士達からは結構嫌われている。
 そんなアジルールフォの冒険譚とかそういう物語かと思ったのだが、本書はそれがメインではない。そもそも300ページもない本でありながら100ページも経とうがあらすじにある冒険譚が一向に始まる気配がないのである。もちろん、冒険譚自体は存在するがなんと後半になってからである。
 本書はたぶんユーモアファンタジーというものなのだろう。キャラクターはこっけいでよく言えば大らかな悪く言えば適当すぎる人物が多い。それを神経質なアジルールフォは指摘していく。そういった対比が良く見られる。一番は自身が何者なのかすぐに忘れてしまうグルドゥルーだろう。この男は鳥の群れに会えば自分が鳥だと思い込んで鳥の真似をする。死者のための墓を掘り、死体を埋めるのに、役割分担だと言って墓穴を掘ったところで自分が穴に入り死者に埋めることを要求する。この肉体はあるが自分自身がない男が肉体はないが自分自身を強固に持つアジルールフォの従者となるのである。
 
 まあ、ユーモアに溢れた作品なので物語のテーマとかまったく意識をせずに読んでいたら、後半に入り、これどうやって終わるの。シリーズって聞いたけど、終わらないのか?と不安になったところで、語り部による超絶強引な力技によって物語は巻きが入り、テーマの回収も含めて一気に終わる。このイタロ・カルヴィーノの強引なテクニックは悲鳴を上げながらも、実に感心した。
 
 最近になってイタロ・カルヴィーノ復刊の波が来ているのか、今年に入ってこの本も含めて二冊も復刊されているので、まだ絶版じゃない本も含めて買えるものは全作読んでみたいと思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー