祝! 安井健太郎のラグナロク復活!!

 本人の公式Twitterアカウントが存在するのにググると関連に死亡って出てくるの泣けてくるな……。いや、他人の告知ばかりしているので俺もフォローしてないんだが。
 
 いやあ、ついにヤスケンのラグナロクが帰ってきましたね。まさかかつて角川スニーカー文庫の代表作の一つがなろう小説として復活するとは思わなかった。復活するとしても、講談社ラノベ文庫かどこかから紙で出版だと思ってたんですが、なろう小説……アークⅨは売れなかったんですかね。売れなったんでしょうね。
 
 本人の公式Twitterをまともに見ていないのであれなんですが、リブートということで、だいぶ変わっていますね。さすがに記憶があやふやなので、ラグナロク1巻を再読したんですけど、雰囲気はそのままで設定含めほとんどが原型を留めてないです。ただ、原作の匂いは完ぺきにラグナロクなので面白いですわ。
 
 いやまあ、でも、仕方ないんですよ。初期のヤスケンってプロットとか作成せずに書いてたらしくて、もともと序盤と後半の設定の齟齬とか結構ある作品だったんですよ。アークⅨでもはや設定がスパイダーマンとアメイジング・スパイダーマンとスパイダーマンホームカミングぐらい違うかもしれん。もう何食わぬ顔して1巻を再販して出せるようなレベルではないんですよ。たぶんヤスケンも初期設定とか覚えてないし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー