FC2ブログ

鴨志田 一 『Just Because!』 読了

 

あいつを好きな君の横顔が、たまらなく綺麗だったから――

高校三年の冬。残りわずかとなった高校生活。このまま、なんとなく卒業していくのだと誰もが思っていた。突然、彼が帰ってくるまでは。中学の頃に一度は遠くの街へと引っ越した同級生。季節外れの転校生との再会は、「なんとなく」で終わろうとしていた彼らの気持ちに、小さなスタートの合図を響かせた――。



 表紙の距離がめっちゃ分かっている!!! そう、このひと席分の距離感!! 好きな相手に踏み込めない距離感!!! 良い!!!
 この距離は二人の間にある2年という時間という壁でもあるし、同時に瑛太にとっては踏み込めない距離。甘酸っぱい。
 瑛太はただの踏み出せない! ヘタレなんだけど、まあ、二年間離れていたので、そんなものだよなという感じです。それでも、やる時は衝動的に動けるのでいい。
 美緒はすごいですね。瑛太以上に拗らせている。初恋を拗らせすぎているし、恋愛感情を自覚してからの行動もじれったいし、マジお前、お前、下手するとかっさらわれていたぞ!?ってなる。たぶん、恋愛相談とか友人にしたら説教されるタイプ。まあ、だからこそ、ラストの甘酸っぱさがすごいわけですが。

 やり取りが基本LINEで既読スルーとかで距離を感じさせるのがとても上手い。読んでいるけど、書き込まないとか、二人の距離を感じさせる。何も言わないから不安になったりする。メールだと距離が近すぎる。LINEのグループチャットが距離を表すのがすごい上手い。直接会話はあんまりせず、LINEで話す程度の距離。距離(語彙力喪失)

 すごく良いのでみんな読もう!!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー