FC2ブログ

平鳥コウ 『JKハルは異世界で娼婦になった』 読了

 なんか嫌な感じに話題になっていましたが、となりの801ちゃんの中の人というか、本人が話題になる前から絶賛していて、読んでみようと思っていながらもえっちな小説だよと言われると流石に店頭で買うのも恥ずかしくて電子書籍を買いました。

 まあ、実際はセックスを取り扱った小説であってえろい小説ではないのか。いやまあ、娼婦が取り扱っているので、パコパコとセックスするんですが、美少女文庫ではないのでセックスをねっとりじっとりと取り扱っているのではなく、娼婦の仕事だからとか作劇に必要な程度に書いている。

 まあ、そんなことはさておき感想ですが、非常に楽しかった! 本書はJKハルが異世界で娼婦になったというタイトル通り、JKの描写がしっかり息づいている。異世界において幻想を書くのではなく、女性への幻想をぶち壊す小説でした。電車内で読んだのでげらげら笑えなかったんですが、ハルのJKっぽい描写には笑わせてもらえました。あと物語をどう終わらせるのかと思ったらなかなか見事なワザマエでサクッと終わらせて長引かせないでいい感じの長さで終わりました。だらだら続けられそうだけど、続けなかったのはいいですね。

 いや、非常に良いですね。JKのハルは異世界で生き抜く方法が身体を売るくらいしかなかったので、春を売って生きていく。ハルちゃんは強く、明るく、たまに娼婦とか嫌だこの世界はクソだと思っていながらも、文句を言いながらも異世界で生きるという新しい現実をみて、強く生きていく。仕事で性を売っている彼女はサービスで気持ち良いとか言うし、あいつは下手くそだとか思ってても言わないプロ。プロなのでレイプ紛いのことをされても、仕事として受け入れるし、ちゃっかり追加料金をもらう。軽いノリでありながらも、強い子だなあと思う。
 もともとオタク気質ではない彼女は異世界転生とかのお約束とかを知らないし、興味もない。オタトークをする相手にキモいなと思う。そういうことが赤裸々に書かれるので、なんかフィクションでくらいは女性に幻想を抱きたい人間にはオススメしないですが、ぼくはこういう素直に毒を吐く子は好きです。

 ハルちゃんへの対比として書かれるのが千葉くん。彼は良いキャラクターですね。彼は異世界転生俺TUEEEという感じのチートスキル持ちで異世界を満喫しています。元々異世界転生物が好きなオタクであり、異世界転生した先が楽しくて楽しくて仕方ない。現代知識で意外と無双できなかったりと壁にぶつかったりもしますが、壁を乗り越える根性がないので、あきらめてチートスキルで闘技場で稼いだり安全マージンを維持しながらレベル上げをして異世界転生の王道を楽しもうとする。
 彼は幻想に生きているので、現実を見ていない。ここでいう現実とは登場人物は人間であるということ。同じ異世界転生者であるハルちゃんに対する接し方からしてギャルゲー感覚だし、俺の奴隷として養ってやってもいいぜみたいなことを言い出す。セックスもマグロで相手を気持ちよくさせようという努力を一切していない。なんていうか、悪人ではないんですが、彼は彼で女性への尊厳を持っていない(というか人間への尊厳がない)ので、後日譚で彼を育てよう(調教)としてくれる女性が出てきたのは救いなんじゃないですかね。
 なんかすごくボロクソ言っていますが、彼の気持ち悪い言動をハルちゃんと一緒にキモーイと言うのが本作の楽しみ方のひとつだと思うので超重要存在です。

 まあ、ここまで書いたけど何も気にせず異世界転生にツッコミ、女性への幻想を持つ人へのキモさをキモーイと言いながら楽しく読めばいいと思います。正直、ここでは詳しく書かないけど、物語のたたみ方は予想外に上手かったので、すげえなあと思います。この作者の他の作品も読んでみたいなあと思ったくらい。

 本書と合わせて読みたい本は30歳の保健体育だと思う。

 真面目な話、本書のテーマは女性への幻想の否定というよりは他者への幻想(レッテル貼りなども含む)を捨てて、相手の素顔を見ようという話だと思う。
 兵士の彼は現実から目を背けていたし、彼に恋した彼女はそんな部分に気づかなかった。自分の幻想に酔っていて、現実の女性を見ていない千葉は破局するし、ルペさんはそんな千葉の素顔を知っていて受け入れて矯正しようとしているから、仲良くやっている。キヨリは理想という幻想を追いかけていて地に足がついていなかったから他の人と仲良くやる方法が分からずに浮いていた。
 でも、それは本当に難しいことで、難しいことだと知っているからハルちゃんは恋する相手に会って彼の本当を知ることを恐れて足を止めている。
 まあ、難しいよね。
スポンサーサイト



テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー