FC2ブログ

読書日記0227

さて、最近読書感想文……というより、読書メモを書く必要性を感じる。特にうつがひどかった2012-2013年や2015年あたりに読んだ本を見ていると、驚くほど記憶に残っていないということがある。もちろん、面白かった本は面白いと覚えていたりもするのだが、稀に面白かったのかも分からないということがある。これは、まずい。本ブログは面白い本を紹介することを目的に動いているので、あまり面白くない本には言及できないのだが。iPhoneでメモるぐらいはしていこう。とはいえ、大半は忘れてもいいやと思わなくもないから、難しい。

 本日の一冊は『ぼくは異世界で付与魔法と召還魔法を天秤にかける』です。まだ読んでるのは3巻ですが、学校丸ごと異世界転移! いきなりオークの襲来! とてんぽよく絶体絶命のピンチになります。主人公がまず、自分をいじめているクラスメイトを殺害しようと落とし穴を掘って殺そうとするところから始まって、スクールカースト物っぽいんですが、殺意が高いです。オークが罠にかかって殺害するものの、レベルアップしてなぞのレベルアップ部屋でいろいろと質問して進んでいきます。生き延びるために、主人公は仲間を増やしていくんですが、オークたちは女の子を陵辱する(ヒロインは流石にされてない)し、女の子達は復讐に燃えているし、いきなり異世界サバイバルに突っ込まれた主人公は精神の均衡が全然保てないし(当たり前だ)、殺意の高い感じでいいです。
 陵辱物のゲーム系エロゲーみたいな世界観で、殺意の高い戦いが繰り広げられるので、いいですね。日本社会で生きてた若者達は一部を除いて全然適応できてないので互いに依存したりしていくのがいい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー