FC2ブログ

月刊オススメの本2017年12月号まとめ

剣の誓い―グイン・サーガ(36)
 宮廷生活に嫌気がさして逃げ出そうと思っていたイシュトヴァーンだが、かつて父のように慕っていた世界で最も気の許せる人物カメロンの登場によって断念した。運命は彼を逃さない。内容としてはイシュトヴァーンが心折れそうになっているのと正直に気の許しているのを見て、邪悪なヤンデレアリストートスが恨み言をカメロンにぶっちゃけて、モンゴールの問題点の多さとかをカメロンが気づいて、イシュトヴァーンがいなければ別に滅んだっていいけど、これは不味い……と焦燥感を抱いて最終的にタイトル通りになるわけですが、いやーようやくイシュトヴァーンにまっとうな部下ができましたね。感慨深いです。

86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント― 上・下
 作者がどう考えてもマブラヴオルタネイティブが好きだよねという一巻でふーんって感じだったけど、バトルシーンましましで描写がよくなっていますね。レーザーヤークトがあったりするあたり内田弘樹先生とか好きそうですね。前半は平和に適応できない元兵隊達って感じでそのあたりをフォローするほど社会福祉が充実していないのを感じますね。こいつらみたいに平和に適応できない問題は現実にもよくあるよねー。なんか、誇りとかどうとか書いてますけど、兵士として生きるのはもう染み付いているし、新しいことを始めるのは苦難だもんなー。
 後半からはバトルメインで楽しんでいました。やはり、遠隔地からだとよくわからんので、兵士視点のが読みやすいね。あとまあ、今回はこれシュヴァルツェスマーケンのレーザーヤークトみたいなことをやり始めてこれがオマージュってやつなのかなと思いました。

アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover 1-2
 この月刊記事を全部読んでいる人がいたら、おめーミリオンの漫画は全部オススメしてるじゃねーかと思われるかもしれませんが、いや、ほんと純粋に出来がいいんですよ。ぼくは面白くないコンテンツに継続してお金を払って読んだりしません。さて、内容は矢吹可奈と北沢志保という映画でもあった鉄板の組み合わせです。夢に向かって全力疾走して無理をしてしまう志保となまけ心のある可奈の組み合わせは、上手くいけばバランスがよくとれるんじゃないですかね。
 アイマスの世界はそれぞれ全員がトップアイドルを目指す全員がライバルの世界です。新ユニットが発表されても、選考から漏れるアイドルはいくらでもいます。彼女達は何も思わないわけじゃない。そういう部分も理解し、フォローするのを見れたのが本作でいいなと思ったところです。

ダンジョン飯 コミック 1-5巻
 モンスター食というネタに満ちたテーマに見せかけてかなりのガチファンタジーであった。衣食住の食に目を向けて、ダンジョンに長期間潜るには食事でエネルギー補給をしないと難しいということがしっかり描かれています。直接的に描かれているわけではないんですが、まず空腹で気が散ってドラゴンに敗北しているところからして、食の重要性の描写だし、ドラゴンのような強力なモンスターと戦わなければいけないのに、保存の利く食料だけではパワーがでないよね。ダンジョンで現地調達できれば、言うことはない。
 モンスターの生態というのも同時に語られるので、それを楽しめる。良い作品だ。

保健室の影山くん 1
 ラストゲームの天乃忍先生の新作! 小学生みたいな背とか体型の女の子が吸血鬼系男子に食料として狙われる! 合意のない吸血は犯罪なのだが、特に紳士的ではない。なんかこう、変な人に絡まれている状態なのだが、ヒロインがおひとよしで適度にちょろい! のでなんというか、かわいらしいコンビだ……。パワフルなヒロイン!

Just Because!
距離感が良い。表紙めっちゃ分かってる!!!! そう、このひと席分の距離感!!!! 主人公の好きだけど、踏み込めない!!! 距離!!!! 甘酸っぱい! 詳しい感想はこちら

レンタルマギカ 最後の魔法使いたち
 いえーい。今気づいたんですけど、FGOのアレって惑星魔術だし、ゲーティアは意思を持った魔法だし、レンタルマギカを読むとすむーずにFGOが学べる。それはともかく、軽く読めて異能バトルが熱くてなかなか良いシリーズでした。
スポンサーサイト



テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー