FC2ブログ

月刊オススメの本2018年1月号まとめ

ともだち同盟
 森田季節先生! BGMは熱い夏の日の蝉の声か雨音な感じの小説です。全体的に暗いというか、湿度が高い本です。濡れ場があるという意味ではなく。いや、とても良い。気分を落としたいときに読むといい感じにトリップできる。

僕と君の大切な話(1)-(2)
 なんか割とTwitterで使えそうなコマばかりで東くんがインターネットの女はどうという方向性で拗らせているダメな奴っぽいので、Twitterで使えそうなコマが多い。
 ストーカー気質というかぷちストーカーの相沢さん(美少女)と何かを拗らせている東くんがぐだぐだと話しています。これ、ほんとに少女漫画か? と思うような内容なんですが、面白いわ……。

賭博師は祈らない
 お、面白い。厭世的な賭博師ラザルスがある日、まさかの大勝ちをしてしまって、やっべぇこのままだと賭場の人間に殺されると高額なお買い物をしたらそれは喉を焼かれた褐色美少女のリーラちゃん。金を消費するためだったので、興味もないけど、放置して死なれるのもなーということで、世話をして共同生活……! と書くと面白く無さそうなんですが、主人公の厭世的な強さと媚日の少ないキャラクター造形とかでいいですね。第23回電撃小説大賞は良いものが揃っている。

もののがたり 7
 最近のもののがたりはというか、まあ、ぼくが読み始めてからなんだけど、ラストの引きが強いなあ。バトルが面白いし、登場人物がまっとうにかっこよくて面白い。敵も味方も全力を尽くして、その上で戦力が足りていない。つよい。
 守る覚悟。守られる覚悟。いやあ、面白い。

違国日記 1
 nemanocさんの漫画まとめを読んで、試し読みを読んだら最高だった……いや、みんな試し読みだけでも読んで欲しい。両親が死んだ中学生の女の子が売れっ子作家の叔母と同棲を始める……んだけど、はっきり言って、このあらすじでおれの心には響かないんですが、試し読みを読んだら速攻で買う本として読みました。一文、一文、つまり一コマ一コマの心に響く威力が強い。

木根さんの1人でキネマ 1-4巻
 1話あたりの語られる映画量が多く映画トークではなく、映画オタクトークなので、映画は意外と覚えられないんですが、オタクのあるあるー!って部分がくっきり書いてあって楽し<い。自分のことを棚に上げてげらげらわらう。

我らコンタクティ
 適度にゆるくて、重い。すげえ良い作品。働いていて嫌なことがあり、会社辞めてーと思っていたカナエちゃんが近くの町工場で働いていて、ロケットを作っている小学校の同級生のかずきと出会って、ロケットを作り、飛ばすロケット物なんですが、働いている社会人の疲れというのを描いていて誰もが疲れて、すーっとするために悪いことしたり、でも、ゆるくちょっとしたことが救いになったり、雰囲気が重すぎず、ゆるく、ゆるクズく。この漫画もそういう疲れているときのちょっとした楽しみ(=救い)になりそうな感じで、いいですね。
 いやまあ、ロケット作りも楽しいし、うーん、作者の作品を全部買おうかなと思うくらいには良かった。

水上悟志短編集「放浪世界」
 「心も無いくせに同情のふりなどおぞましい
 お前に何がわかる
 機械め」
 「いいえ…
 心はあなたにあるんです…」

 くわああああああああああ最高じゃん。そうだよ。機械には心がない。でも、それを使う人には心がある。だから、心があるものの心を守るために"振る舞う"んですよ。最高。

鬼滅の刃 8
 煉獄さーーーーーーーーん!! いやあ、最高だった……煉獄さんかっこよすぎるし、まさかこんなに早く退場してしまうとは。いや、もう6月の時点でアニメ化も決定して11巻まで出てますが。最高だった。いや、こんなにも短い登場でこれだけの漢を見せつけるのは、素晴らしい。いい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー