FC2ブログ

谷川流 『涼宮ハルヒの憂鬱』 読了

 い、いまさら!?と思わないで欲しい。涼宮ハルヒの憂鬱の感想だ。普段そういうことをしないが、今回は自分語りも含めてさせてもらう。

 さて、今回が涼宮ハルヒの憂鬱を初めて読んだわけでは流石にない。俺の世代のオタクでラノベも読むならみんな知っていることだが、涼宮ハルヒの憂鬱は何度もアニメ化もされており、スニーカー文庫の代表作と言ってよいほどの人気作だった。例え新刊が全然出なくて、短編が載っているわけではなくてもザ・スニーカーの表紙を飾っていたのは今も覚えている。

 俺が涼宮ハルヒの憂鬱を初めて読んだのは中学の頃だ。三、四冊シリーズの本が出ていたことは覚えているので14年前だと思う。書店で立ち読みだった(本屋さんごめん)。立ち読みで一冊をするすると読んでしまった。当時、深夜アニメを見るようになったばかりのオタクとしての道を歩み始めたばかりの俺には、ハルヒがオタクネタをメタった作品だということとか、経験値がないので、まったくわからなかったが、すごく面白かった。なによりキョンという主人公が良い。ハルヒもみくるちゃんも長門有希も古泉も全員割とどうでもよく、俺にはキョンが刺さった。はっきり言って、当時の俺の読解力ではこの一冊でハルヒがツンデレであることすら理解できなかったというのもあるが、キョンという主人公はとても良かった。
 なんでキョンが良かったのかというと、めちゃめちゃ共感できたからだ。物語の主人公はめちゃめちゃ大変だったりする。そんな大変な役回りは嫌だ。サポートして美味しい立ち位置で関わりたい。そんなスタンスは「確かに実際に起きたらそうだよな!」と思った。正直、こんなに理解できる考えを持った主人公というのはラノベを読んでいて出会ったことはない(その後もない)。
 その後、俺は特に涼宮ハルヒの憂鬱を買うことなく帰った(本屋さんごめん)。

 さて、それから高校に入って図書室で涼宮ハルヒシリーズを読んだ。楽しかった記憶はある。消失を読んだときは感動したし、他も楽しかった記憶はある。だが、特にハマったりはしなかった。なんか正直アニメ化した際は驚いたし、アニメめっちゃ話題になってニコニコでめっちゃ人気だったし、ネットサーフィンしたら特にハルヒを漁ったわけでもないのに、ハルヒの二次創作エロ画像とかゴロゴロしていて正直、困惑したなあ。正直、ハルヒは性的に消費するような作品だとは思っていなかったので、びっくりしていた。いや、『君の名残は静かに揺れて』が出るまでいとうのいじがエロゲー原画描いてるとか知らんかったし……。
 アニメも見てみようかと思ったけど、シャッフルという時系列をいじった作品だったので、ちょっと苦手意識があって今でも見れていない。

 そんな感じで周囲の盛り上がりにずーっとついていけなくて、疎外感があったんですが、この度ザ・スニーカーが復活してハルヒの新しい話が出るということなので、流石にこの機会を逃したらもう二度と読むことはないだろうと思ったので、ハルヒの再読をした。
 結論から言うとめっちゃ面白かった。正直、おれ人生で二回か、もしかしたら三回?ぐらいしか涼宮ハルヒの憂鬱を読んでいないのに内容のほとんど(SFの細かい設定以外はほとんど)覚えていて、すげえな俺そんなにハルヒの憂鬱好きだったのかよ!!って読んでいて驚いたし、今読むとよくわかるみくるちゃんのタイムトラベル設定とか楽しいし、長門有希がこの頃から微妙にデレているし、ハルヒがなんで現世に嫌になったのかわかるし、どこら辺でハルヒがキョンに落ちたのかとか考えるのも楽しかった。いや、正直、昔の俺ほんとにほとんど理解してないのによく楽しんだな!?って驚きとか、すげー再読でめちゃめちゃ分かるー!って楽しかった。いや、ほんとにびっくりした。

 今更読んでも楽しめるかなーという気持ちがありましたが、杞憂でしたね。とりあえず、今月中に未読の驚愕も含めて全部読もうと思います。いや、楽しかった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー