FC2ブログ

ロバート・ジョーダン 『竜王伝説1 幼獣あらわる!』 読了

 ロバート・ジョーダンの時の車輪シリーズの第1巻! 1997年に早川書房から発売されて現在翻訳が約60冊ほど出ているという超人気シリーズ……なのですが、2007年にロバート・ジョーダンが死去。もうおしまいかと思ったところをブランドン・サンダースンが引き継いで完結させてくれた……のですが、三冊あるうちの一冊が翻訳されたきりに、残り二冊が翻訳されていません。しかし、AmazonがTVドラマ化するというニュースが出ましたので、それに合わせた復刊&続刊に期待したいところです。

 前置きがめちゃめちゃ長くなった。まあ、そんな大人気シリーズの本作ですが、海外ファンタジーの原書を5分冊していることもあり、第1巻はあまり進みません。指輪物語で言うならホビット庄を出たところですよ。
 昔はあまり気にしていなかったのですが、今回の読書でこれは指輪物語ネタなんだろうなあという部分がいくつか発見しました。例えば、この物語は春祭の直前から始まるのですが、今度の春祭には花火が来るという部分とか。
 もちろん、本書は指輪物語の影響は受けているとはいえ、指輪物語ではないので基本的に別物です。そもそも男性の魔法使い─本シリーズでは異能者<アエズ・セダーイ>─が存在しない。過去にはいたのですが、今は闇王のせいで男性源が汚染されて使えないというか、使うとまずいのです。花火を持ってくるのはエモンズ・フィールドと縁がある旅商人です。

 登場人物も魅力的なのですが、まだ5分冊の1冊目なので内面はランド・アル=ソアぐらいしか書かれていないし、本シリーズは登場人物達が闇を内包し始めたところが劇的に楽しくなるので、これからが楽しみです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー