FC2ブログ

読書日記ネタバレあり。

 5/23 続 この大陸で、フィジカは悪い薬師だった。不思議”取り扱います 付喪堂骨董店を購入。これを書きながら、そういえば監獄学校にて門番を買っていなかったことに気づいたのでそれを買えば今回のKADOKAWAセールは終了かな。ガガガ文庫でもセールしてるので、ハル遠カラジを読んで、続刊買うか決めようかなー。

読んだ
 吸血鬼のおしごと2
 吸血鬼のおしごとはここからが本番。妹に強く出れない姉と姉のためにと特に姉の幸福をぶっ壊していくヤンデレDV気質の妹の悲劇。悲しい話ですね。共依存というやつですね。
 いや、改めて読んでみるとクイナちゃんマジクズですね。姉への依存が他者を排斥する形で出ているので普通に有害。姉は自分にとって都合のいい存在であるべきだと考えているし、マジ自分のことしか考えてない。姉のためを思ってとか自分たちはこうあるべきだと妄信してるから、特にダメですねー。
 主人公の月島さんはこの巻から、実のところ人間として生きるという仮面をつけているだけで、それが完全に血肉にはなっていないんですよね。人の血をすするとか戦闘などかつての自分を思い出す行為をしてしまうと、不安定になってしまう。完全になっていないだけで、ある程度は血肉になっているから戻ってこれるし、普段はまともなお人よし。
 
王狼たちの戦旗
 上下巻を読み終わるまでに長かった。途中本が楽しめない状況になったりと安定しなかったので、上巻を読み直したりしていたので2年くらいかけてこの上下巻を読んでいる。この本については一冊読むごとにではなく、読んだらこまめに日記をつけるべきなのかもしれない。
 ドラマのゲームオブスローンズは完結するということで、優先順位を上げて読みましたが、当然間に合わなかったね! 通勤で本を読んで自宅でドラマを見るという生活をしていましたが、面白かった。
 旧文庫版の読者たちはこのほぼ全視点人物が続く!で終わる状況から5年も待ったのか……。
 メモ。
 ジョン・スノウ
 ・野人たちに囚われて虜囚の身に
 シオン・グレイジョイ
 ・ラムジー・スノウ(リーク:ボルトン家の私生児)に不意打ちをされて、昏倒。虜囚の身?
 アリア・スターク
 ・小姓としてハレンの巨城にいる。
 デナーリス・ターガリエン
 ・港で七王国出身の新しい部下を得る。
 ティリオン・ラニスター
 ・スタニスとの戦争でサーマンドンとの戦いで負傷。キングズランディングにいる。父が来たため、王の手ではなくなった。
 キャトリン・スターク
 ・タリー家にいる
 ダヴォス・シーワース
 ・玉葱の騎士。生死不明。
 ブラン・スターク
 ・ウィンターフェルを失い旅に出た。弟のリコンと二手に別れた。ホーダーや沼の子たちと一緒。
 サンサ・スターク
 ・ついにジョフリーとの婚約者という地位を失った。近くサー・ドントスの手引きで逃げる予定。
 ロブ・スターク
 会戦したら全戦全勝だが、不意打ちでウィンターフェルを失った。後、視点人物から離れたのでどこにいるのかよくわからん。
スポンサーサイト



テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー