児童書やYAファンタジー小説に強い乾燥ブログを探してます。

 なんか感想ブログをやっていて、まじめに書いてないんだけど感想ブログって根性いる作業だなあと思う。少なくとも俺は心に余裕がないとできないし、時間に余裕がないとできない。つい小説読んでしまうし、エロゲの好きなシーンだけ再プレイとかやっちゃう。

 なんでこんなことを書いているのかというと最近は感想ブログの更新が減ってきたなあと思うので、新しいブログを発掘すればいいじゃんと思うかもしれないけど、ネットサーフィンする時間もないんじゃあー。ところで、ネットサーフィンってまだ生きた言葉なんですかね? 見かけたことがない。

 まあ、とにかく何が言いたいかというとYAファンタジー小説の感想ブログとか児童書系ファンタジー小説の感想ブログとかミステリでSFであれ、今も更新しているこれっていう感想ブログがあったら教えていただきたい。2012年以降まったく新しいブログが発掘できていない上に感想ブログ運営者の高齢化で更新が途絶えて困っているのじゃー。

 ああ、別にこのファンタジー小説が面白い!ってオススメがあったらいつでも受け付けていますぞ。例え実家で禁欲生活を強いられていても、俺はよっぽどの事がない限り来るものは拒まないでいたい

日記

最近やってたこととか

ソーサリージョーカーズ
・特に見所というか突き抜けたところがない。何も得られなかった。
・スーパー系主人公とリアル系主人公をやりたがかったように見えるがどっちも……。
・コスプレにしか見えない格好をしたヒロインがロリータファッションの子にコスプレですかというところが最高に面白かった。
・センリさんが軍用ヘリをぶっ壊すシーンも良かった。
・作中でのフェアの概念がおかしい。
・ヒロインが増えるにつれまた新しい電波が……と頭を抱えたのでいろいろと思い出深い。
・え、これほんとに2chベストエロゲ上位なの?
・心理戦のハッタリが足りない。

月に寄りそう乙女の作法
・冒頭のスタンレーとの語りがすごい良い。それだけにスタンレーとの個人会話は他にも欲しかった。
・服飾をメインに据えていて服飾に興味はないのだが、生き生きとしていて良い。とても面白い。
・ツンデレと書いてラスボス。このシリーズ最萌えキャラは兄では? 良い味していた。
・湊ルートだけ浮いてる気がするが、俺は普通のギャルゲがやりたかったというのもあり楽しかった。
・しかし、皆で仲良く担任の先生をいじっているシーンの後のガチいじめは違和感のあるな。
・とはいえ、どんな作品にも欠点はあるし、それを補えるだけのよさがある。
・CS版でありながらも主人公の尻を掘るあたりに製作者の意地を感じた。
・2の体験版を少しプレイしたがまさか尻を掘る方が正史だったとは……意地どころではなかった。
・久しぶりに先が気になってがっつりプレイした。やはり娯楽は楽しい。

乙女理論とその周辺
・お家騒動を中心にすえたので、服飾がメインではなくなった。 
・その周辺というだけあって本当にエロがあるだけのサブキャラに等しいエッタちゃん。
・その使い回しばかりのストーリーに開発期間という言葉が浮かんだ。
・ツンデレなる衣遠お兄様。
・これが一位といわれても納得はできないのだが上位と言われれば納得できる。そんな出来の良さ。
・前作では概ねヒロイン的立ち居ちにいた主人公がヒーローとして活動しているのは良かった。
・前作のOPをBGMとしてピンチに颯爽と登場するルナ様。ヒーロー過ぎる。
・客観的に見ればそれほど何かしたわけではないけど。

乙女理論とその後の周辺
・前作ではヒロイン(サブキャラ)だったエッタがついに専用√を手に入れた。
・Afterも入っているのでAnotherって書いてあるけどエッテ√では正史じゃん。
・やはり開発期間の問題だったのだろうか。
・本策では最重要人物がアンソニーに……みんな良い人になるとは思わなかった。
・上の2つと合わせて値段はめっちゃ高かったけど、なんだかんだで楽しめたのは良かった。
・Afterは普通のファンディンスクって感じですね。
・朝日は実在しないため、遊星は社会的にただの無職という現実に笑った……。


大図書館の羊飼い
・個人レベルでは好みであっても集団になると嫌いというヒロイン達は珍しかった。
・作品内の考え方と集団としての考えが非常に辛い。
・ただまあ、ヒロイン個人としてみれば良かった。
・お陰でサブキャラ攻略するほうが楽しい。
・活動している部員が一人しかいない部活動を同調圧力で乗っ取ったヒロイン達が、より数の多い幽霊部員により乗っ取られたのは最高に楽しかった。
・羊飼いになれなかった見習いのその後の人生が困難すぎる。
・エロゲの設定にあまりツッコミを入れてはいけないのだが、人助けする超常的存在だから流石にちょっとひどい。
・金銭も人脈も0から再スタートとか生きていくにもつらいと思う。
・昔はプレイが厳しかったが既に小木曽雪菜と同じ声という壁は障害になりえないほど低くなっていたらしい。人間は成長する。

日記。スタドラ見てる。

 計画性を持ってやるべきことをやるのは大事だが、たまには時間を気にせず浪費するのも人間には必要。先週の土曜日に気づいた事実です。

 まあ、この思考に至ったのは単純に今月あたりから現在Gyaoで配信中のTVアニメ。STAR DRIVER 輝きのタクトを見始めたからだと思います。別にやりたいこととやるべきことは一致していないんですが。人間、やりたいこともやらないというか、義務感や今やらなければいけないからという理由で娯楽を消費してたらあかんよなぁと思いました。

 やりたいことを放置して、やるべきことをずっと続けていると例えやるべきことが楽しくても飢えてきます。今僕は引越しする必要があるので本の処分をしています。当然、処分しないであろう好きな作家の本は後回しになります。それを三ヶ月くらい続けていると、ストレスのとは違うけど溜め込みますね。
 普段は溜め込んだものを刺激しないようにしている。というか、手元からKindleがなくなったので読みたいラノベの続きとか一切読めなくてどうしようもなかったんだけど、GWに実家に帰ったら気が緩んでちょーっと地元の図書館で衝動でてきとーに本を選んでつい借りてしまった。
 図書館って良いですよね。面白い本が無料で置いてあって、返さなきゃいけないから購入と違って物理的に本が増えない。まあ、代わりに積読が一切減らないまま処分しないといけない本が読めないまま時間が消えていきますが。

 まあ、そんなわけでGWに借りた本がツボにハマって溜め込んだものが爆発しました。我が家にKindleが残っていたら全冊購入待ったなしだったんですが、悲しいことにKindleは3ヶ月程前に誰かにパクられていた。FGOやミリオンライブといったソシャゲに忙しいiPhoneで読むには電池が足りないし、ハマった本を読んですぐにbook offに売るのは流石に嫌。図書館で借りてます。
 でも、悲しいことに図書館に行ける日って限られてます。平日19時で閉まるから今の仕事が終わった後では平日にはたどり着けないんですよね。この間、気合と根性と溜め込んだ飢えを満たすために爆発して閉館3分前に駆け込んで残りの巻をすべて借りてきました。

 なんか無駄に長くなりましたが、次の更新は恐らくその本について語ることになると思います。

日記

 ついに、Cannon ball ~ねこねこマシン猛レース~のパッケージ版を購入した。

 このゲームはライアーソフトが(当時としては)ものすごく力を入れた名作だったのだが、当時のライアーソフトの知名度の低さや初回特典にバグがついてくると言われるほどの酷さ。当時のPCではインストールによく失敗したりしてインストール時間が24時間を超えた等々の伝説を一部に残して作品としての面白さが語られることが少なかった作品である。なお、DL版ではバグが解消されている。パッケージはまだクリアしてないけど、インストールできるなら問題ないだろ。
 この作品はかつて一昔二昔前くらいでは、燃えゲーを語るスレで鉄板だった作品のひとつでレースにかける情熱が熱い。ブルマ娘を除いて、どのキャラクターもいい味出してかっこいいんだよなあ……タイトルからは想像もつかないんだが。興味のある方は是非PVを見てほしい。
 
 まあ、そんなわけで思い出しながら自分でもPVを見ていたんですが、「セイファートさえ征服した人類の冒険心の象徴それがcannon ballだ!」という某おっさんのセリフを見て、最近の自分は冒険心を失って安定を求めすぎているなあと思いました。だから新作エロゲを購入しました。今週中にもクリアして来週には購入を迷っていたIZUMO4とフェアリーテイル・レクイエムのFDをクリアする予定です。わーい、エロゲの予定がいっぱいだー(白目) 金がねえ!
 
 流石にお金と時間がないので何か他の物と同時にプレイしていきたいですね……閃の軌跡2のラスダンとかWA2とか。
 
 そういえば、そろそろ今年のベストエロゲ記事を作っておきたい。

サクラノ詩 個人的雑記

 すかぢ最高傑作! と本作をさして言っている人は多いんだけど、個人的には『素晴らしき日々』のあの美しい投身自殺以上のシーンは存在しなかった。
 あと各ルートが長いわりに明かされる真実が少なかったり、サクラの刻に続くせいか放置されたものが多いのと、何より各ルートはともかく第二部へ続く話が第二部体験版!みたいな終わり方するのはやめてほしい。もうちょっと綺麗に区切ってほしい。
 そんなこと言っているけど面白かったかと聞かれれば、文句あるけど面白かったです。キャラは可愛い。下ネタが多いのでそこがちょっと気になるけど、女の子とのいちゃいちゃはまあよかったです。幼馴染とエロ本を拾い歩いていたという心温まるエピソードとか無駄に面白かった。
 個人的になんだかなあと思ったのはこのサクラノ詩って過去を語ることを重視しすぎているんですよね。主人公がめちゃくちゃ褒められる理由とかは過去にいろいろやっているんだけど、ルート分岐して、過去が明かされないうちはなんで褒められるのかわからなくてかゆい。それと過去にあったいろいろを語ることを重視しすぎていて、ほとんど未来を語らないのでなんかなあと。過去に問題が起きて既に解決されていて現在は問題が起きませんっつーのは好みの問題だけど好きじゃないですね。雫√でも吹うんぬんで決意だけでなく行動を起こすところまでやってくれたら良かったんだけど。
 そんなわけで好きな√は氷川です。あれ、前世らしきものが見える設定はほとんど活きてなかったけど、続編でなんか回収されるかもしれんし。何よりも主人公と氷川・川内野の過去が現在に繋がり未来への礎になるのが良かったです。
 実質Ⅵは夏目圭√だったのでサクラノ刻では夏目藍√が欲しいですね。欲を言えば夏目雫√も欲しいですね。長山さんは√が想像できないのでエロだけでも欲しい。
 また十年後までに伏線や設定を覚えていられるかなあ……もう若かったころと同じようにはいかない。
プロフィール

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー