表紙とかのデザインも本に重要だよね

 ふと、俺は小説を読む際にそれほどイラストに拘らないのだが、イラストも構成要素の一つである。その点についても言及した方がいいのではと気付いた。イラストレーターなどデザインを考える人も、もっと褒められていい。特にこのブログではライトノベルをよく取り扱っており、ライトノベルにおいてイラストは超重要である。フルメタルパニックの最終巻のイラストによって泣いたのは今でも覚えているし、最近で言えば冴えない彼女の育てかた7巻で悲鳴を上げたし、作中のイラスト以外では、魔女は月出ずる魔女は月出づるところに眠るを最後まで読んだ後に口絵を読み返して口絵の意味に気付いたときはただでさえ感動で涙腺が緩んでいたところを更に押された気分であった。ライトノベルから離れても、例えばムーミンのキャラクターデザインの愛らしさと挿絵の素晴らしさは俺が今さら語る必要もないが語らないのも不自然だろう。
 
 さっきから、ライトノベルのイラストばかり語ってきたが、本というデザインそのものが素晴らしかったの本もある。特に挿絵というイラストだけではなく、小説の文章だけでなく表紙どころか本の余白なども含めた本を構成するすべてが素晴らしかったのはパトリック・ネスの『怪物はささやく』だ。ハードカバーの本はできれば増やしたくないのだが、あれは正直ハードカバーしか考えられないと思う。と書いたのだが今検索してみると、なんと来月には文庫化もするらしい。映画化の影響だろうか(これも今知った)。うーん、文庫でどんなデザインになるのか不安と楽しみがある。
 
 もちろん、素晴らしいと思う仕事以外にも最後まで読んで違和感を覚えるイラストもある。文章で喚起されるイメージと合っていないと思える本は多々ある。例えば汀こるもの『完全犯罪研究部』は文章では主人公は大人の美人教師なのだが、表紙を見てみると科学部部長ぐらいの幼さのあるイラストだ。これは2巻が出る際に講談社のwebサイトでもネタにされていた。ちなみに2巻では大人っぽさのあるキャラデザになっている。それはそうと完全犯罪研究部はめっちゃ面白いので2巻まで一気に是非読んで欲しい。
 表紙が素晴らしいといえば、『飛べない蝶と空の鯱』が大変良かった。鵜飼沙樹さんの仕事はどれも素晴らしいものだ。引越しの際に紙の本で読了済みで電子化もされていて手放す条件が揃っていたのに、このイラストはKindleで再現されない!!と手放せなかった。というか、今作品リストを見ていて思ったのだが自分にしては珍しくいわゆる絵師買いをしているイラストレーターである。鵜飼沙樹だからと意識して買っていることが多いわけではないのだが、鵜飼沙樹と気付かなくても読んでいた本がある。どうやら表紙には手に取らせる魅了の魔術でもかかっているのだろう。飛べない蝶と空の鯱がめちゃくちゃ面白く今でも続きを待っているし、うつの辛い時期を助けてくれた最高の作品だったことも影響しているのかもしれない。画集とかでないかな。
 
 イラストが素晴らしいということは多く感じるというか、もはや商業の表紙やパッケージで一見してクオリティが低いと感じるイラストを見かけることが少なくなった。あらゆる点においてクオリティが上昇したのだろう。そんな時だからこそ、改めて意識して商業の表紙とかの良さを味わってみるのもいいんじゃないかと新潮文庫nex創刊インタビューを読んで感じたのだった。
 
 
スポンサーサイト

月刊オススメの本2017年2月号まとめ

機甲狩竜のファンタジア2
 なぜか一巻の感想がブログにないことに気付きました。あれ、おかしいな。書いた記憶があるんだけどな……。まあ、いいや、剣と魔法のファンタジーに戦車という近代兵器をぶち込んで、そもそも戦車ってなんだ誰も知らないぞ……というところで試行錯誤から始まるのが楽しい一巻でしたが、二巻では効果的な運用方法でダンジョン攻略に挑むことになります。
 ネタバレすると今回は複数パーティのレイドダンジョンの攻略のため、食料などを多数搭載して輸送任務。当然、戦闘もあるよ。剣と魔法の世界において戦車による輸送はチートすぎますね……。

永遠の薔薇/鉄の貨幣
 数年前うつの影響でめっきり思考能力や記憶能力が低下して以来、俺は理解しなければいけないということに拘泥しすぎていて、理解できないものを読まなくなっていたんだけど、理解しなくても楽しいものは楽しいんだよ。
 詩集って理解できないんだけど、ボルヘスの詩集は読んでいて肌に合うので、全部読むつもりです。

ラストゲーム 11
 ついに完結! 忙しくてドラマCD付き特装版が買えなかった事とか、完結してしまうのが悲しくて悲しくて読んでませんでした。ついに告白! 結婚! やったね柳くん!! ほんと、長かった。柳くんが墓穴掘りまくってるせいとかあって、面倒なことになってましたね。途中でだらだらとすることなく、11巻で短めに綺麗にまとまって良かった。少女漫画を読むようになったばかりの頃に手を出したシリーズだけあって感無量ですね。
 今からでも遅くないからアニメ化しませんかね。

英国マザーグース物語―婚約は事件の幕開け!
 婚約者と正式な婚約発表まで会いたくない! 正式発表までの間は自分のやりたい新聞記者の仕事をする! と男装して新聞記者見習いとして働き始めるセシル。
 その事を馬鹿正直に兄ダニエルは親友兼妹の婚約者のジュリアンに打ち明ける。そして、堂々と苗字を偽って会いに行き一緒に働くことになるジュリアン。
 大雑把に説明するとこの二人がマザーグースの歌をきっかけに事件を解決していきながら絆を深め合っていく物語です。主人公のセシルは男装しているという前提なのに、堂々とジュリアンが口説いているのはなかなかすごいですね。セシルは男装もバレてないという思っているので、ジュリアンの言動を都合よく解釈して流しているんだけど、それをわかっていてゆるやかなアプローチをかけ続けていくのすげーな。
 堅物扱いされてるダニエル兄様だけど、周囲に振り回されながらも許容している姿を見ていると柔軟な人物に見える。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

3月に読んだ本

続きを読む

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

お蔵入りになったブログのネタとか

 お蔵入りになったブログのネタとかを寝かせておいても時間の無駄だなと思ったので放出する。
 
 続きが結構出ているけど一巻で綺麗に終わっているラノベをオススメしてみる。
 
 思い浮かぶのが新人賞受賞作ばかりだったんだけど、新人賞受賞作だから一冊で完結していて当然じゃん!って思うラノベ読みは多いと思う。
 でも、この記事は新人賞受賞作だから一冊である程度完結しているだろうとかいう感度が高い人間を相手にした記事じゃないです。
 ラノベの新人賞受賞作って続きのための伏線とか多かったり、長いシリーズ物になったりするので、いざ手を出してみたいと思っても長い巻数があると引くと思うので、別に続きなんか読まなくていいんですよというスタンスでオススメしていきたいです。続きを読むのは本人の自由です。
 
エスケヱプ・スピヰド
 エスケヱプ・スピヰドは全一巻派です。電撃大賞の大賞受賞作!というだけあってすごく面白かったですね。バトル描写も良いし、サイボーグとなって心を封じて戦っていた少年が自らの意思で戦う覚悟を決めて、戦うのが熱い! すごく綺麗に全一巻で終わっているのでオススメする気はおきないんですが、世間的には続きも好評のようです。

ソードアート・オンライン
 SAOは全一巻ラノベです。番外編だった2巻はともかく、3巻とかゲーム違うじゃん。4巻まで読んだけど、正直1巻で綺麗に終わっているのになぜ続けたのか謎。ぼくは一巻が好きでしたね。
 あの綺麗な終わり方からどうしてアスナちゃんだけ復活できなかった……となるんだろう。
 一冊しか読まなければキリトさんはハーレムラノベの主人公でもなくなるし! アスナちゃん一筋。デスゲームの主人公!
 
イヴは夜明けに微笑んで
 全一巻です。カインツとイブマリーの約束が果たされるところがものすごく好きなんですが、その二人の話としては本当にほぼこれで十分終わっているので、十年以上続きを読んでませんでした。最近、一から全部続読みました。面白かったけど、細音啓最高傑作はこの一冊かなと思います。気になったら続きを読めばいいと思います。
 
世界平和は一家団欒のあとに
 気になったら続きを読めばいいラノベといえばこれは外せないかなと思いました。一巻で一つのエピソードが綺麗に終わるので、続きを読むとしても割とどこで読むのやめても支障がないのは今回のテーマにぴったりです。
 
 正直、これを読んで作品数少なすぎるだろう!って意見はあると思うんだ。でも、一冊完結でもない長期シリーズ(五冊以上)で第一巻で綺麗に完結してるラノベで俺が読んでいてオススメになるものってほとんどなかった。俺の手には負えなかったです。だから没にした。誰か俺の代わりに書いてください。

Kindleを使っていてBOOK☆WALKERって便利だなと感じた

 さて、早川書房の国内SFセールが始まりました。

 まあ、セール対象が400ちょいらしいので、Amazonで早川書房のセール本を全部見てもいいと思いますが、時間は有限です。気になった本を片っ端から欲しい物リストにぶち込んでいる感度の高い人はいちいち探さなくてもいいと思いますが、早川書房で何が電子書籍化されてるのか分からないよ! とか、感度が低くて早川書房で電子書籍化されている本を全部探すというダメな読書家マンも存在すると思います。俺とか。
 そういう時、ダメな検索マンはAmazonで「早川書房」とか検索してしまうんですが、これってグイン・サーガが邪魔で邪魔でたまらないし、Amazonの検索とかそこまで信用できないので時間の無駄です。そういう時、便利なサイトとしてBOOK☆WALKERがあります。
 
 BOOK☆WALKERは素晴らしいことにシリーズを一つにまとめてくれます。このサイトで早川書房を対象に探していけば雑に情報が入手できます。もしかしたら、BOOK☆WALKERになくてAmazonにだけ置いてある本とかも存在するかもしれませんが、『最後にして最初のアイドル』とかあるんで、9割は網羅できるでしょう。気になった本をAmazonで検索して購入だ。まあ、シリーズ名を知らないときは困るんですが、気になった本があって本のタイトルを覚えているなら検索すればいいだけの話です。今回は別の手が使えますが。

 これはAmazonだけのセールだと使えないんですが、今回の早川書房のセールは出版社手動のセールなので、BOOK☆WALKERも参戦しているので以下のようにすれば簡単にいけます。
 
 BOOK☆WALKER → 早川書房で検索 → 適当な本をクリック → 早川書房タグ → 左下の期間限定価格

 はい、安売りしている本が表示されます。詳細表示にしなければ、グイン・サーガがコンパクトにまとまっていますね。楽です。
 
 早川書房の話をしましたが、BOOK☆WALKERって特に電撃文庫を探すときにとても助かるんですよね。最近は新刊をどんどん電子書籍化してくれたんですけど、電撃文庫ってあまり電子書籍に積極的ではないのか、何が電子書籍になってるのかいまいちわからなくて……ラノベはシリーズ物が多いし、大規模セールで目的もなく大雑把に探したいときとかにBOOK☆WALKERは重宝します。BOOK☆WALKERでセールが行われていなければ期間限定とかポイントUPでふるい落とすことはできないんですが、シリーズをまとめてくれるという利点はBOOK☆WALKERの強みなのでこっちで何があるか探したほうが早いです。まあ、角川系列のラノベはBOOK☆WALKERの方が発売が早かったり、一部Amazonになかったりするので、Kindle使いでなくタブレット端末で読んでるならBOOK☆WALKER使う方が便利だと思います。
プロフィール

Galle(がれ)

Author:Galle(がれ)
↓長いので記事にしました。
当サイトの基本情報
本好きへの100の質問
リンク集

本棚
カテゴリー
検索
批評サイト
お薦めサイト
物書きな方々
ラノベ感想
応援しています!
カウンター
応援バナー